離職率が高くて会社が回らない!時給換算200円のブラック企業に就職した話

私が大学を卒業して就職した会社の話です。私は一般事務職として就職しました。

基本男性9割以上の企業で、事務は管理職以外は皆男性で、後は女性です。まず、勤務は8:30出社の17:30定時です。

基本土日休み、但し、土曜日は月に1回は交代出勤ありという募集要項でした。

入社して、最初に土曜日の出勤シフトが壁に貼られていたので、その曜日に出るようにとのことだったので、スケジュールをスマホで写真を撮っておきました。

 

しかし、数日経って、なんとなくチラッと見てみると、曜日が変えられていたのです。もうすでに休日の予定も決まっているので、上司に聞いたら「変えてないよ?見間違えたんじゃない?」と言われました。しかし、スマホで写真を撮ってあることはいえずに、そのまま出勤することにしました。

それから結構違和感がありました。

 

まず、8:30出社とは言ったものの、最寄駅が20分歩かなきゃいけないので、朝は早いです。

電話はワンコール鳴る前の光った段階で取らないと皆の前で支店長に怒鳴られます。

外出先から電話をかけてくる営業さんは、明らかに電話でセクハラ発言オンパレード。

派遣の人の当日バックレて居なくなる率はかなり高かったです。

 

ゆくゆくは人が辞めていき、8:30出社の、残業をしなければ終わらないので会社を出る時間が23時を過ぎることもあり、男性社員は繁忙期は会社に泊まり、また翌日から仕事してました。

 

年末は30日まで仕事な上、夜は納会強制参加。年明けも3日から出社なので帰省する人もなかなか出来ず。

兄弟の結婚式で休みたいと言っても、上司に「それ、出る必要ある?」と言われる社風。

 

ちなみに、残業はいくらやっても上限30時間までしか出ませんでしたし、そのうち毎週土曜日出勤、日曜日も出ることになりましたが、休日出勤手当もなし。

誰かが計算したところ、ただでさえも基本給が安かったので、純粋に時給換算したら社員平均は200円だったそうです。

特に忙しい時は家に仕事を持ち帰らないと終わらないほどでした。

 

ちなみに、有給は労働者の権利だと思うのですが、基本病欠以外で有給使用は禁止。

どうしても用事があり休みたい時は、本来休みである土曜日に出勤などしないといけませんでした。

 

このような激務が当たり前の環境なため、精神的に病んでしまう人や、体調を崩してしまう人も多く、離職率もとても高かったです。

私も、過労で倒れて顔から着地して、顔を怪我しました。

そんなこんなで人も少なくなり、もう仕事も回らなくなり、他に良い仕事がいくらでもあるんじゃないかと思い、思い切って転職活動を始め、すぐに内定をもらい辞めました。

 

やめる時もなかなかうまくいかず、2ヶ月後に辞めたいと長めの期間を取って相談したのに「普通は半年前に言うべき。

世の中君が思うほどそんなにうまくいかないからね「と言われましたが、なんとか説得して2ヶ月で辞めました。

 

周りも辞めると知ってからは、「どうせもうやめるからどうでも良いことだと思うけど?」などかなり嫌味を言われ続け、最終日、ついにストレスの胃腸炎で倒れてしまい、皆に顔を合わせて挨拶も出来ないまま辞める形になってしまいました。

嫌な思い出ではありますが、おかげで、大体の辛さなら乗り越えられる耐性が付いたことだけは感謝しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です